院長ブログ

ホーム > 院長ブログ > トピックス > 聖護院 大峰奥駈修行

聖護院 大峰奥駈修行

9月1日~6日、聖護院の大峰山修行に参加しました。run

吉野・大峯山から登り、前鬼まで歩き、最後の2日間で熊野三山に参拝するというものでした。

僕が参加した目的は、歩く時の動きと感覚に深く気づくこと。

体力の限界に達した状態で、険しい山道を歩き続けることで、歩くという動きその1点に自然と集中出来るのではないか?

それによって何かこれまでにない感覚が経験出来るかもしれない。

そう思い、参加させていただく事にしました。

9月1日

吉野に到着後、水行があり、吉野神宮を始め、諸堂参拝して歩き、宿坊に泊まりました。

9月2日

ここからが本番でした。午前2時起床、3時出立。真っ暗な道を登り始めました。25キロ、約11時間、山上での護摩などもありました。

思いのほか険しかったですが、ひたすら歩くこと1点に集中し充実した1日でした。山上で一泊。

9月3日

午前3時起床、4時出立。前日、雨が降った事もあり、いきなり、ツルツル滑る岩の下り道。下りでは地下足袋の先が親指に当たり、痛みが出ます。さらに真っ暗の中、ツルツル滑る岩だった為、怖くて足指に力が入ってしまい、夜が明けてきた頃には親指に 血豆ができていましたwobbly。その後、山々を越えたり、一歩踏み外したら落ちて死んでしまうような断崖の上など、難所の連続でした。明るくなっても急な登り降りの滑る岩場に苦労しました。山上まで登ったら平坦な尾根を歩くだけと思っていた僕には、驚きと恐怖の連続でした。行場では足の降ろし場も見えないような急勾配の下り坂を岩壁伝いに降りました。恐怖と疲労困憊の25キロ、約12時間の最後は弥山の宿坊に続く急な上り坂1時間。指を痛めて変な歩き方になっていた事もあり、両膝も痛めてしまいました。弥山で一泊。

9月4日

午前3時起床。4時出立。山越えの最終日。前日の足指、両膝の痛みが残ったままの出立となりました。前日、死の恐怖に何度も襲われた為、出立勤行を真剣に行いました。前日までにリタイアされた方も何人かいましたが、ここでリタイアしたくても帰りようもなく、前向きに考えて一歩一歩進むしかありませんでした。

前日は死の恐怖に怯えながら歩いていましたが、脚の状態を考えると、「怯えながら歩いていたらバランスを崩して本当に死んでしまう」と思い、前向きに考えて25キロ、12時間を歩ききる決意をしました。こうして9月4日の行が始まりましたが、前日よりもさらに厳しい難所が続き、気を張ってもさらに恐怖と疲労が襲ってきて、さらに気を張る事の繰り返しでした。いくつもの峰を越えお昼にたどり着いた釈迦岳。

本当にお釈迦様が「よく来たね」と言ってくれている様でした。束の間の休息の間、倒れこんだまま、自分が感じている恐怖と疲労の程を先達の方々にぶちまけました。先達の方々は笑って聞いてくれていたので、「生きて元気で帰れるんではないかな?」と少し気が楽になりました。

休憩が終わり、その後も山越え・・・、谷越え・・・、なにがなんでも生きて帰りたいという思いから、断崖の上は四つ足動物の様に歩きました。足を掛けるところがなく滑り降りなければならないところもあり、履いていたカッパのズボンが2枚もボロボロになりましたcoldsweats02。変な歩き方をしたせいか、足指と膝はさらに痛みがひどくなり、ピクピク、プルプル痙攣していました。

最後の山の下り、体力も限界になり、どんどん遅れて一番最後の方と一緒になりました。ふらついて足元がおぼつかない僕を見て、先達の方が杖を貸してくれました。最後に一緒になった方とはその前にも二人で掛け声をかけて難所を乗り越えた方でした。お互いに足指と膝を傷めていましたが、「もう一度あの掛け声で最後までたどりつこう」と脚を進めました。二人で下り続け、到着地点が分かった時、僕は涙と鼻水がボトボトと勝手に落ちました。一番最後に到着すると、皆さんが拍手で迎えてくれました。

僕達が到着し、すぐに勤行が行われました。勤行の後、先生が「4日目まで残った人全員で勤行を行えたのは今まで初めての事で、本当に全員が無事で最後の勤行を迎えられてよかった」とお話され、改めて一緒にここまでたどり着けた皆様に感謝しました。

本当に貴重な経験でした。

体力には自身があり、僕はどこかに手放せないプライドがあったかもしれません。

肉体と精神が限界になり、プライドを手放さざるを得なくなった時に運良く沢山の方に助けて頂いたり、励まして頂きました。

そのせいか、人に対する接し方が少し変わってきた気がします。

内容が激しすぎて、最初に思っていた目的からは少しはずれましたが、参加させて頂いて良かったと思っています

 

9月5日、6日は熊野三山にお参りしました

そのエピソードはまた次回にwink

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

観身堂整骨院

受付時間〔完全予約制〕

9:00~12:00/16:00~19:00

休診日:木曜、日曜

〒630-8288 奈良県奈良市東笹鉾町60

地図

ご予約・お問い合わせ

お電話:0742-31-2893


携帯サイトはこちら

http://kansindo.net/