院長ブログ

ホーム > 院長ブログ > トピックス > 武士道(夕焼け京都塾)

武士道(夕焼け京都塾)

日曜日、夕焼け京都塾に行きました。

講師はアレキサンダーベネット氏、内部講師は山折哲雄塾頭でした。

ベネットさんはニュージーランド出身で,色んなスポーツを経験されましたが、日本に来て剣道をする事になり、他のスポーツにはないものを感じられた経験をお話くださいました。

最初に感じられた違いは勝負よりも、気剣体の一致というプロセスを大事にするという点だとの事。

得点したり、勝ったら大喜びして終わりという結果重視ではなく、剣道に於いては審判は、打突部分・打った時の心の状態・刃筋正しく打っているかどうか・打った後の気持ち(残心)などを見るといいます。

 

残心は自分の身構え・気構えであり、剣道においては相手に対する思いやりでもあり、残心があって一本となるとお話されました。

そして、「一本」には前のプロセスと残心があり、「一本」の美というものがあるとお話されました。

 

しかし、柔道では惜しかったら「技あり」「有効」などと言い、点数が付きます。形はどうでも良くなっていて勝つことが全てとなっています。

オリンピック種目になった事で金メダルがゴールとなり、勝った選手はすぐさまガッツポーズをします。残心はあまり見られません。

 

プロセス・心のやりとりがなくなっている事、全てのスポーツにおいてスポーツマンシップが無くなってきている事をベネットさんはとても嘆いておられました。

相撲の世界で横審が何故、ガッツポーズを嫌うのか、少し分かった様な気がしました。

 

ベネットさんはまた、剣道をする事で、自分がミスした事は全て自分の責任だと思うようになったと話されました。

運がが悪いとも言わなくなり、自分に「残心がない」と思うようになったそうです。

残心をもって生活する(後先の事を考えて生活する)事が生活の知恵を得ることにつながったのだと教えて頂きました。

 

剣道はやればやる程得る事が多く、生き方も死に方も教えてくれる、ベネットさんにとっての宗教だと話されました。

厳しい暑稽古や寒稽古で何度も「死んだ」と表現しておられました。しかし身体が限界を感じる中で、何度も倒されていると、しだいにフワフワして変な気持ちになり、だんだん倒されても平気で起き上がれるようになっていったと言います。何かを求めている訳でもなく「これだ」と思われ、剣道に魅せられていったそうです。

厳しい稽古を重ねるうち、「武士道とは死ぬこととみつけたり」の言葉通り、いつでも死ねる勇気をもてるようになったと語られました。

 

「根性と武士道の関係は?」と問われ、武士道を実践するには自分の身を捨てる根性が必要と答えられました。

そして勝負においては自分に負ければ相手に負ける。自分の念に集中し、消極的な声をなくす(ゾーンに入る)事が大事で、勝負の行方は神様に委ねても良いと述べられました。

 

どの言葉もベネットさんの経験に裏打ちされていて、その雰囲気からも、厳しい剣道修行により武士道の精神を修められた人なのだと感じられました。

やはり、自分を追い込む事もしなければ、真の強さは手に入れられず、真の自分には辿り着けないのだろうと感じました。

 

大峯山で死の恐怖に慄いていた(9月のブログ参照)僕は、いつでも死ねる勇気には程遠くcatface、まだまだだなあと思いますcatface

これから歩む道、僕も自分のゾーンに入っていこうと思います

 P.S.

ベネットさんが自分を追い込むところを見てみたかったですが、そうもいかないので、家に帰ってから僕が尊敬する剣士、栄花 直輝さんのビデオを観ました。

この数年間で何度も観ましたが、ベネットさんにお会いしてお話を聴いた後で観ると、栄花さんの心の変化や精神など、前よりも雰囲気を感じとる事ができました。

とても気合が入る映像です。YouTubeにも映像があったので、是非、下をクリックして観てみてくださいねwink

 ただ一撃にかける1   ただ一撃にかける2   ただ一撃にかける3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

観身堂整骨院

受付時間〔完全予約制〕

9:00~12:00/16:00~19:00

休診日:木曜、日曜

〒630-8288 奈良県奈良市東笹鉾町60

地図

ご予約・お問い合わせ

お電話:0742-31-2893


携帯サイトはこちら

http://kansindo.net/