院長プロフィール

ホーム > 院長プロフィール

院長プロフィール

1976年、三重県生まれ。
高校時代、陸上部(長距離)に所属。
高校入学前に痛めた背骨の影響で、激しい練習の後など、背中の痛み、動悸、腹痛に悩まされる。
1ヶ月の入院後、はり、きゅう、あん摩、マッサージ、指圧、接骨、整体などあらゆる医療を受けながら、毎日の練習を何とか乗り越える。身体の症状が改善されると共に、競技の成績も伸び、最後の県大会では3,000m障害で3位入賞し、東海大会に出場。全国大会出場は逃がすも、東海大会の決勝では県内1位の成績でゴールする。
複数の大学陸上部から入学の誘いを受けるも、肌で感じた医療を更に学びたいと、明治鍼灸大学(現 明治国際医療大学)に入学。

在学中、北出利勝教授(現 名誉教授)に師事し、東洋医学による診断と治療を学ぶ。3回生の時はり師・きゅう師免許を取得。

4回生の時に整体師の認定を受け、在学中に往療を始める。

鍼灸学士を取得し、2000年に治療院を開設。

治療院での施術を続けながら、あん摩・マッサージ・指圧免許と柔道整復師免許を取得。

ゆがみストレッチ教室の写真 2002年から、近畿各地において「ゆがみ調整ストレッチ」などの健康教室を開催している。

現在、奈良漢方治療研究所の北村翰男先生に師事し、日々、自身の日常動作と取り組んでいる運動に於いて、動きと感覚を観察している。

また、奈良市の日曜座禅会に参加し、平日は早朝に外へ出かけて座禅を組み、呼吸・感覚・事象の観察に取り組んでいる。

観察をもとに、日々、治療と体操の方法を模索している。

 

趣味は  茶道、篠笛、卓球、森林を歩くこと。
 

時折、山の中や祭で篠笛を演奏している。

趣味においても動きや息づかい・感覚を観察している。


自然に恵まれた奈良の地にあって、常に人間としての感覚・観察力を養いながら、治療の仕事を携わり続けていきたいです。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、下記バナーのリンク先からダウンロードしてください。

アドビリーダーダウンロードはこちら

 

観身堂整骨院・観身堂

受付時間〔完全予約制〕

9:00~12:00/16:00~19:00

休診日:第1・3・5水曜、木曜、日曜

〒630-8288 奈良県奈良市東笹鉾町60

地図

ご予約・お問い合わせ

お電話:0742-31-2893


携帯サイトはこちら

http://kansindo.net/