院長ブログ

脱穀

 

干してあったもち米の稲sun

(こんな風に束ねる作業が結構大変でしたcoldsweats01

今年はよく実りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足踏み式の脱穀機で脱穀sweat01

この脱穀機で脱穀すると、米と一緒に葉や茎も幾分ちぎれて混じってしまいます。

 

 

 

 

唐箕に入れて横から風を送りながら落下させると、葉や茎だけが飛んでいき、米だけが下の受け皿に出てきますdiamond

 

 

 

 

京都土の塾では、なんでも手間をかけてやるという方針ですrock

「こういった一連の作業と時を経て、始めて本来の食が実感出来る」と塾長は言われます。

未だに面倒だと思うことも多いですが、「生きている」と感じることが少しずつ増えている気がしています

お正月の餅つきは特に「本来の食」を実感出来て、「生きている」感じがすると思いますdelicious

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

観身堂整骨院

受付時間〔完全予約制〕

9:00~12:00/16:00~19:00

休診日:木曜、日曜

〒630-8288 奈良県奈良市東笹鉾町60

地図

ご予約・お問い合わせ

お電話:0742-31-2893


携帯サイトはこちら

http://kansindo.net/