院長ブログ

2011年11月

収穫祭

11月23日、この日は収穫祭です。

京都土の塾の塾生が1年で最も楽しみにしている日です

京都土の塾では、育てた作物は基本的には自分で持ち帰って食べますが、収穫祭では自慢の作物でいろんな料理を作ってみんなで食べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“地球とからだにやさしい生活”をめざしして、野菜やパン、お菓子などをつくっているbetter&betterさん達は土の塾の石釜を使ってピザをたくさん焼いてくれました。

 

 (better&betterのブログ                                  http://bebe-diary.seesaa.net/

 

 

僕はこのバウムクーヘン作りに参加しました

 

 

 

 

餅つきもしました

 

 

 

どれも、とても手間をかけて作ります。大変ですが、その分、みんなに喜びと笑顔があります

僕はもともと面倒くさがりですが、京都土の塾の活動がとても好きです

塾長は苦労して食べ物を手に入れる事で、食べ物の有り難さが分かるようになると言われます。

そして、命の大切さが分かるようになると言われます。

僕も京都土の塾の活動を続けるうちに、自然や生き物を大切にしたいと思い、自分の命を大切にしたいという思いが強くなりました。

「健康でありたい」、「命を輝かせたい」と思います。

これが人間の原点の願いだと思います。

そう思うと僕の仕事はとても尊い仕事をさせて頂いているのだと思えます。

収穫祭が終わり、これから寒さが厳しくなっていきますが、土の塾の活動を通してしっかりと季節を刻みながら、治療や体操教室で関わる方々と共に、健康で、命を輝かせていきたいと思います

竹の音楽ホール

おとといは京都土の塾・森の部の作業日でしたsun

僕は森の部には午後から行って、火を囲んで話をしたり、笛の演奏をしたりして楽しんで帰るだけの事が多いのですがcoldsweats01、昨日は午前中から行って、桜の木の周りの竹を伐る作業をしました。

竹を伐っていると、塾長が来て、「そこはもういいから、君は竹の小ホールを造ったらどうや」と声をかけてくれました。

とてもうれしくなり、夢が広がりました。

お昼ご飯を食べた後、すぐにホールにする場所を探し、ピッタリの場所を見つけました

この木の周りが舞台になり、写真に写っている竹を伐れば、なだらかな斜面の客席が出来そうです。客席を囲む様に竹を残せば音が反響するホールになります。右奥が入り口になります。

竹を伐れば日光が入ってくるので木が生えてきますが、木は残したいと思います。

竹が少なく、音が反響しにくい面には篠竹を植え、その篠竹で篠笛を作るという夢もあります。

来月から森で作業をするのがとても楽しみです

完成したら篠笛コンサートを開きたいと思いますので、是非いらしてくださいね

脱穀

昨日は京都土の塾の共同作業で土砂崩れの補修をしましたew_icon_punch

すごく大きいハンマーで杭を打ったので、終わってからも腕や指を動かす筋肉がパンパンになりました。

午後からは刈って干してあった稲の脱穀をしました。

今までは足踏み式回転脱穀機を使っていましたが、今年は大平さんに千歯扱きをお借りできたので、使わせて頂きました。

遊びに来ている子供さん達がやりたいと言って、手伝ってくれていました。

見ているととても癒されました

土の塾には子供さん達がご両親に連れられてよく一緒に来ています。

大人達が作業をしている間、元気に遊んでいます

稲刈り

日曜日、稲刈りをしました。

今年は草刈を怠っていた為、出来はとても貧弱です。

左はもち米田、右はうるち米田です。

 他の皆さんの田んぼは丁寧に草引きをしたらしく、稲がたわわに実っています。

僕の田んぼの米はダントツで少ないです。

お米のリーダーの宮本さんは、「こんなに収穫が少ないのは珍しい。今後の参考にしたいから何キロなのか是非教えて欲しい。」と言っていました。

 先週、ブログで引用させてもらった佐藤初女さんの言葉、しっかり胸に刻まなければいけないと思います。

「“面倒くさい”というのが嫌いなんです。面倒くさいと言う気持ちの人が全てを壊していくなぁと見て感じてそう思ったんです。」(佐藤初女)

初女さんの講演の時、「畑仕事が時々めんどくさいと思う時があるのですが、どうしたら初女さんの様に心を込めて出来ますか?」とお尋ねしたところ、「疲れている時は休んで、また頑張ればいいよ」と話してくれました。そして握手をしながら「がんばってね!」と声をかけていただきました。

初女さんの励ましに応える為にも、土の塾でお世話になっている方のサポートに応える為にも、来年は良いお米を作りたいと思います

夕焼け京都塾

日曜日、夕焼け京都塾に参加しました。

山折塾頭と三井寺・執事長の福家先生の対談が行われました。森林再生支援センターの高田先生もお話に加わって頂いていました。

テーマは「山川草木悉有仏心・・・大自然の真理と生物の多様性を考える」でした。

主題の言葉はそのまま読むと「山川草木にはことごとく仏の心があらわれている」となりますが、福家先生はこの言葉は悟りの末に得られる事なので、副題にある「大自然の真理と生物の多様性を考える」事が出発点であるべきとお話されました。

福家先生は中国の六朝時代の書家・王義之の言葉を引用されました。(王義之の〈義〉の正しいフォントがなくすみません)

王義之の著書「蘭亭序」に「目に見えるものには総て理があらわれている」という言葉が書かれているそうです。

私たち人間は今、人間の論理で自然を見て、人間の都合で自然に対しています。

しかし、土には土、木には木の理論があるので、自然にあった多種多様な「ものさし」をもつべきとお話されました。

その為には「自然の声に耳を傾ける事」が大切であり、その事が生物多様性の出発点であると強調されました。

土の塾の活動を非常にマイペースで行っている私には耳が痛いお言葉です。

副題にある「生物多様性」とは「生きものたちの豊かな個性とつながり」のことです。

また「多様性」には種類や遺伝子の多様性、生態系などの空間軸の多様性、また、加えて時間軸における多様性もあると山折先生に教わりました。

山折先生は多種多様な自然との関わりについて、鎮守の杜を例に挙げられ、ほとんどの国土が森で覆われている日本全体を1つの鎮守の杜として捉えるべきとお話されました。

この捉え方はとても素晴らしいと思いました。

日本に住む人みんながこの考え方をもって過ごせば、森が生み出している酸素、貯水して少しづつ供給してくれている水、森が生き物に供給してくれている食べ物など、全てのものに常に感謝の心をもって生きられるのではないかと思います。

日本の森への感謝の心をもてば自ずから自然を思いやる心が生まれ、自然の声に耳を傾けることが出来ると思います。

思いやりの心は広い心、つまり多種多様な「ものさし」をもつことにつながると思います。

福家先生は「大日経」を例に挙げられました。

大日如来という宇宙と一体の仏様は、常に私達に何かを語っておられる。その声を聞けるようになることが大事だとお話されました。

自然の声に耳を傾ける事と通じるものがあると思いました。

私たちは自然の声を聞く感性を育て、自然と一体になって生きていくべきと思います。

しかし、質疑応答の時、土の塾の八田塾長は人間の欲望を無くさない限り、自然の理に即して行動する事はとても難しいことだと述べられました。

私も畑作業をしていると、「便利に過ごしたい」「楽に生きたい」という自分の怠惰な心に直面します。

その欲望や怠惰な心はなかなか消えません。

「森のイスキア」の佐藤初女さんの言葉に、「“面倒くさい”というのが嫌いなんです。面倒くさいと言う気持ちの人が全てを壊していくなぁと見て感じてそう思ったんです。」とあります。

これもまた僕には耳が痛い言葉です。

欲望や怠惰な心を消すのは難しい事と思いますが、今回の夕焼け京都塾の講義を通して、自然の声に耳を傾け、1つ1つの事を行動していく事が大切だと思いました。

その感性を育てるには、自然への感謝の心をもって恵みを享受し、思いやりの心をもって自然と関わっていくのが良いと思いました。

「山川草木悉有仏心」、この言葉の真意を知ろうと今回の講義に参加しましたが、今は真っすぐに自然と向き合うことで欲望や怠惰な心を克服して、いつか「山川草木悉有仏心」を感じられるようになりたいと思っています。

 今回もとても有意義な時間でした。

フラメンコギタリストの中條さんの演奏を聴かせて頂きました

夕ご飯の時間には中條さんや、土の塾の浜上さん、森川さんと一緒に食べながら色んなお話をしました

浜上さんが作ってくれるお弁当がとてもおいしいです

夕焼け京都塾の皆様は自然を大切にする気持ちがとても強いです。

人間関係においても多種多様な「ものさし」をもち、皆様からいろんな事を学んでいきたいと思います

観身堂整骨院

受付時間〔完全予約制〕

9:00~12:00/16:00~19:00

休診日:木曜、日曜

〒630-8288 奈良県奈良市東笹鉾町60

地図

ご予約・お問い合わせ

お電話:0742-31-2893


携帯サイトはこちら

http://kansindo.net/